インデックス印刷

インデックス印刷

「インデックス印刷」では、一覧印刷することができます。
ファイル名、コメント、日付も同時に印字することができるので写真の管理に役立ちます。

1. 印刷対象の写真を指定します

「ページ内の写真全て」「ページ内で選択した写真」
「プリントリストの写真全て」「プリントリストで選択した写真」を対象にインデックス印刷します。

例:ページ内の写真全てを印刷する場合

「インデックス印刷」ボタンをクリックします。
例:メニューから「ページ内:全て」を選択します。

プリントリストを対象にする場合は、予め印刷する写真をプリントリスト一覧にドラッグしてください。(詳細は「プリントリストに追加する」をご参照ください。)
ページ内の選択した写真を対象にする場合は、写真を選択してから「インデックス印刷」ボタンをクリックしてください。
※複数枚の写真を選択する場合は、「Ctrl」キーを押しながら写真をクリックすると選択できます。

2. 分割テンプレートを選択します

分割テンプレートボタンをクリックします。


「インデックス印刷の設定」画面が表示されますので、
組込設定(登録)しているテンプレートを選択します。

  • フィルターから、使用する用紙サイズ・向きのタイプを選択してください。
  • 使用する分割数のレイアウトを選択します。
  • 「OK」ボタンをクリックします。

  • プリンター設定の各項目を設定します。
    プリンターを選択後、用紙サイズ、用紙の向き、部数を設定します。
    左側のプレビュー画面で、設定後のレイアウトをご確認ください。
    「プリンター設定」ボタンから、プリンターで設定されている用紙サイズや向きが更新されているか確認してください。必要に応じてプリンター設定の用紙設定をおこなってください。
  • 「印刷」ボタンをクリックして、印刷を実行します。

3. 個数・間隔写真サイズを微調整する場合

「個数とサイズ」「個数と間隔」「サイズと間隔」のパターンで、分割数の詳細を設定することができます。

1つ 1つの写真のサイズ(mm)を、設定したサイズに固定します。
写真サイズに適した個数(横:縦)を設定してください。※個数に対してサイズが大きいと、写真が重なって表示されますので、個数またはサイズを調整してください。
設定した個数(横:縦)と間隔(横:縦)の数値によって、写真のサイズが自動調整されます。※用紙サイズに対して間隔の数値と個数が再現不可能な値の場合は、分割レイアウトは設定できません。
1つ1つの写真のサイズ(mm)を、設定したサイズに固定します。
サイズと間隔(横:縦)の数値によって、配置される写真の個数が自動調整されます。

4. 印字設定を行います

印字設定の各項目をプレビューを確認しながら設定します。

ファイル名チェックを入れると、写真の下にファイル名が印字されます。
コメントチェックを入れると、コメントを印字します。
コメントは、ビューワー画面で登録します。
日付写真にExif情報がある場合は、チェックを入れると日付を印字します。
撮影時刻写真にExif情報がある場合は、チェックを入れると撮影時刻を印字します。
小・中・大ファイル・コメント・日付・撮影時刻の文字の大きさを設定します。
ファイル・コメント・日付・撮影時刻の文字揃えを設定します。
ページチェックを入れると、選択した表示スタイルと指定した場所とにページを印字します。
チェックを入れると、写真枠を印字します。

設定内容を登録する

設定した内容をテンプレートとして保存する手順です。

「保存」ボタンをクリックします。


「インデックス印刷の設定」画面が表示されます。

  • 設定名、説明を入力します。
  • 印字と枠線の設定を保存する」のチェックの有無を設定します。
    プリンターの用紙設定を保存する」のチェックの有無を設定します。
  • 「保存」ボタンをクリックします。

  • フィルター欄で、用紙サイズ・向きを選択します。
  • ユーザー定義にチェックを入れます。
  • 下の方に画面をスクロールすると、追加した印刷設定が「ユーザー定義」として追加されます。

インデックス設定を選択後は、画面右下の印刷設定は別途設定が必要になります。